嵐の活動休止コメントに”にのあい”愛を感じる…「似てる」「諦めてない」「にのあいっぽい」の声も。

嵐が2020年で活動休止するという発表があり世間の話題は持ちきりですね。

メンバーが活動休止に対する思いを動画に上げ、本当に活動休止するんだという実感が持ちましたが、あるメンバーが話題になっているんです。

それは二宮和也さんと、相葉雅紀さんです。

二人は「にのあい」と呼ばれるユニット、というかファン公認の仲良しっぷりを発揮するコンビが、動画やコメントでの言葉が「にのあいの嵐愛を感じる」と話題になっているんです。

SNS上では他にも「似てる」「にのあいっぽい」「諦めてない」との声も。

ということで今回はにのあいのコメント全文や、にのあいに対する声などをご紹介していこうと思います!

スポンサードリンク

嵐の活動休止の「にのあい」のコメント全文が似てるし嵐愛を感じる・・・

では早速ニノと相葉くんのコメントを見ていきましょう。

二宮和也

二宮くんのコメントは以下全文。

最初に聞いた時は本当に驚きました。僕はそういうことを考えていなかったので、ただただ驚いたというのが本音でございます。 

でも、さっきリーダーも言ったように、時間をかけて5人で何度も話し合ってきた結果が、こういうことでございます。僕はずっと言っていたとおり、嵐はやっぱり5人で嵐なので、今回の決断、リーダーの思いを尊重する形となりました。 

ですが、2020年まで5人で嵐らしく活動してまいりたいと思っておりますし、何より楽しく、皆様方と思い出と作っていきたい。また、関係各位の皆様方にはまだまだこれからもお世話になりたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。 

そして、ファンの皆様、忘れないでいただきたいのは、僕らはいつまでも嵐なので、これからもどうぞよろしくお願いいたします 

2019年1月27日
二宮和也 
ORIKON NEWS

 

”嵐はやっぱり5人で嵐なので、今回の決断、リーダーの思いを尊重する形となりました”

この言葉に誰一人として欠けてしまっては嵐じゃない。

二宮くんのメンバーに対する愛を感じますね…

スポンサードリンク

相葉雅紀

相葉くんのコメント全文。

僕も本当に驚きましたし、何よりも本当に5人で嵐という思いが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては、嵐と名乗ってグループ活動することは難しいと思いました。

本当に僕は嵐のことが大好きですし、嵐のためだったら何だってできると思っております。本当に仲が悪くなってこういう結果になった訳ではありませんし、何度も何度も話し合いました。そして5人、スタッフの皆さんも入れてですけども、出た答えです。

本当に残された時間にはなりますけど、今まで通り、今まで以上に皆さんに楽しんでいただけるように精一杯頑張らせていただきます。そして、いつの日かまた5人が同じ方向を向いて嵐として活動を再開できる時には皆さまに喜んでいただけるようなパフォーマンスができるように本気で頑張らせていただきます。

本当に皆さま今まで支えてくださってどうもありがとうございました。

2019年1月27日
相葉雅紀
livedoor NEWS

”5人で嵐という思いが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては、嵐と名乗ってグループ活動することは難しい”

先ほどの二宮くんの言葉同様、相葉くんも嵐のメンバーに対する気持ちが綴られていました。

また、「そして、いつの日かまた5人が同じ方向を向いて嵐として活動を再開できる時」と嵐がまだ5人揃ってできる日が来ると諦めてない感じが伺えますね。

 

 

”にのあい”2人揃って「5人揃って嵐」という似てるコメント内容だけに、本当に仲がいいなぁとしみじみ。

にのあいっぽさが出た素晴らしいコメントに涙が出そうになりました。

「にのあい」嵐活動休止コメントに対するファンの声。

にのあいのコメントに対するファンの声を見ていきましょう。

https://twitter.com/Rikm234/status/1089472817815478273

https://twitter.com/iifr0403/status/1089446254361305088

https://twitter.com/yattemeeeeee/status/1089478409548251136

 

https://twitter.com/satopi_jun/status/1089466083512205314

 

特に相葉くんの、まだ嵐は終わりじゃない感が刺さっている方が多いみたいです。

他のメンバーは解散のようなコメントの中、相葉くんだけはまだ諦めていない感じがしますね。

 

ほんとどうなるんでしょう。。。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

にのあいの嵐に対する愛や、まだやるぞという感じが伝わってきましたね。

とにかく2020年までは普通に嵐として活動があるので、温かく見守りたいですね!

スポンサードリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!