嵐の会見で記者の質問が意地悪・うざい・失礼!櫻井・二宮・松潤は怒っていた?【動画】

嵐の活動休止会見が27日の午後8時頃から行われ、その一部始終が報道されていました。

多くの国民が注目する中、嵐のメンバーは笑顔でそして落ち着いた様子で全てを語ってくれた印象を受けました。

しかしそんな「いい会見」の中、一部だけ気になる点が。

それは嵐に対する記者の質問が意地悪すぎるということです。

SNS上では、「記者の質問うざい」「失礼すぎる」との声も。

また、若干櫻井翔さんと二宮和也さんが怒っていたのではないか?という声もありました。

 

ということで今回は、嵐の活動休止会見の記者の意地悪な質問の内容や櫻井・二宮・松潤が怒っていたのか?

またSNS上での声などもまとめて調査していこうと思います!

スポンサードリンク

嵐の活動休止会見で記者の意地悪な質問とは?

会見の中でいくつか記者の方の意地悪な質問があったので、ご紹介していきます。

・ケンカや言い合いになったりということは?

そのあと松潤が「そういうの書きたそうですね笑」

二宮くんが「喧嘩してたってかくんだからもう笑」

と言って笑いに変えてくれたので良かったですが。。。

 

・ツアーでファンの方は泣いていてもいいんですか? それとも、笑顔?

これもどうなんでしょうね。ファンからすれば「困らせるようなこと聞くなよ」という感じた方もいるかも知れません・

 

・「お疲れ様でした」という声もある一方で「無責任」という指摘もあると思う。今回は大野さんが矢面に立つというか、悪者にされてしまう可能性もある。他のメンバーの方には区切りをつけたかったという気持ちは?

それに対しては櫻井くんが

無責任かというご指摘に関しましては、我々からの誠意は2年近くかけて感謝の思いを伝えていく期間を設定した。これは我々の誠意です。それが届くように、これからもたくさんの言葉をお伝えし、たくさんのパフォーマンスを見てもらい、それをもって判断をしていただくことかと。

二宮くんが

(区切りをつけたい気持ちは)僕はなかったです。リーダーのせいでこうなったということは同じくらいゼロです。もちろん人間なので絶対はないです。僕はありがたいことに、楽しく活動させていただいていたので、思ってはいませんでしたけど、僕らはみんなでやりたいと思ったときにやるし、みんなでやりたくないときはやらない。でも、一人がやりたくないというときは、どうしてそう思うのかみんなで話し合って決めていく。もしリーダーが悪者に見えるのであれば、それは我々の力不足です。

会場も一瞬ピリッとするような雰囲気になりました。

しかし櫻井くんが冷静に返し、二宮くんが「もしリーダーが悪者に見えるのであれば、それは我々の力不足です。」といいたときには「かっけぇ~」と鳥肌が立ちました。

 

特に最後の「無責任」や「悪者」という質問をした記者に対して怒っているファンも多いようです。

嵐のメンバーは誰ひとりとして大野くんを責めているわけでもなく、反対しているわけでもないのに、「無責任」「悪者」という言葉を敢えて入れてきたところには意地の悪さが感じられました。

 

他にも「いつまで活動を休止するのか?」という質問を何度もしている記者に対しても「しつこい」と感じられるかたも多かったみたいです。

【嵐の活動休止会見】櫻井翔・二宮和也は怒っていた?

実際、櫻井くんと二宮くんは怒っていたのでしょうか?

「無責任」「悪者」の質問のシーンを見てみましょう。

 

動画を見ると、質問が終わったあとにまず松潤がため息を付いています。

また、櫻井くんと二宮くんは上を向き、一瞬険しい表情になりました。

相葉くんもすこし反応したのか動きが見られて、何か思っていたのかもしれません。

 

真相としては本人にしかわかりませんが、

松潤のため息は「何でこんな事聞くの?」といった呆れの用な感じがしましたね。

 

また、櫻井くんは話し方からも察するに多少怒りを感じていたんではないかと思いました。

 

しかしみんな、なんとか冷静に落ち着いて話されていたので、嵐の印象はまた更に上がったんではないでしょうか?

正直あんな質問されたら普通に起こる人がいてもおかしくないとおもいますしね!

スポンサードリンク

SNS上では記者に対しうざい・失礼の声も

では実際SNS上ではどんな声があったのでしょうか?

https://twitter.com/m12dyc/status/1089511378170273792

やはり、「うざい」「失礼」「しつこい」の声はからり多かったですね。

 

一方で、嵐に対してはさらに好感を持った方が多いようでした。

意地悪な質問に冷静に答える姿勢や、それを笑いに変えてくれること、メンバー全員の方向性が一致していることなど、包み隠さず全て語ってくれること、どの部分を見ても好感を持てる会見だったんではないでしょうか?

なかなか会見で、あれだけ誠意を持って、多くの人がスッキリする会見はないですよね!

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

記者の質問は意地悪な内容もありましたが、嵐のメンバー全員に好感を持てる良い会見でした。

 

今回の件で嵐は国民的アイドルとして、これ以上にないグループだと感じたので活動休止は寂しいですが、またいつか活動再開してくれることを願っています。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!