辰己涼介の経歴や高校時代・大学の成績は?打撃守備の特徴は?【動画】

ドラフト会議2018がいよいよ始まりますね!

メディアでは大阪桐蔭の根尾くんや、藤原くん、そして金足農業の吉田君などが注目されがちですが、大学生も負けていませんよ!

大学生の中でも注目ナンバーワンとされている立命館大学の外野手・辰巳涼介くん

今回はその辰己涼介くんについてピックアップしていきたいと思います!

経歴、高校時代、大学時代の成績や打撃守備など辰己涼介くんの特徴についても調べていきたいと思います!

スポンサードリンク

辰己涼介のプロフィール&経歴

(参照元:Sports Graphic Number Web

 

  • 名前:辰己涼介
  • 生年月日:1996年12月27日
  • 出身地:兵庫県神戸市
  • 身長:180cm
  • 体重:70kg
  • 大学:立命館大学
  • ポジション:外野手
  • 投打:右投げ左打ち

 

小学校は藤原台小学校で、硬式の『大淀ボーイズ小学部』に所属します。

中学は有野中学校で硬式のボーイズチーム『神戸三田ドジャース』に。このときは投手・外野手・遊撃手と幅広く守っていました。

そして高校は兵庫県立社(やしろ)高等学校硬式野球部に入部。
2年の春から外野手でレギュラーを勝ち取りましたが、県内ベスト4止まりで甲子園の出場はありませんでした。

そして現在、立命館大学の硬式野球部に所属しています。

辰巳涼介の高校・大学の成績

それでは辰巳涼介くんの高校・大学時代の成績について見ていきましょう。

辰己涼介 高校の成績

辰己涼介くんの高校時代の成績ですが、

2年の春から外野手としてレギュラーになり、3年時の最後の大会では3番センターとして出場しました。

残念ながら最後の大会は準決勝で神戸国際大学附属高等学校に敗退し、ベスト4と言う結果になりましたが、高校通算本塁打20本と細身の体格からは想像できない活躍を見せました。

また、3年時にスピードガンで148㌔を計測するなど強肩としても有名です。

そして、その活躍が認められ、立命館大学に入学、野球部に入部します。

辰己涼介 大学の成績

辰己涼介くんの大学時代の通算成績は、

95試合に出場し打率.324 376打数(安打122二塁打 26 三塁打7 本塁打7)  盗塁21  出塁率.377長打率 .487 です。

 

1年春から出場し満塁本塁打を放つなど打率.367をマークし、2年で日本代表(侍ジャパン大学代表)にも選抜されます。

以降16年秋、17年秋、18年春秋とベストナインに選出され、18年春には打率.429を叩き出しMVPそしてリーグ優勝にも貢献しました。また秋には首位打者にもなっていおり、まさに大学No.1打者と言っても過言ではないでしょう。

以下、日本代表経歴です。

  • 日米大学野球選手権日本代表 (2016-2016)
  • 日米大学野球選手権日本代表 (2017-2017)
  • ユニバーシアード競技大会日本代表 (2017-2017)
  • 関西学生野球連盟選抜 (2017-2017)
  • 日米大学野球選手権日本代表 (2018-2018)
  • ハーレムベースボールウィーク日本代表 (2018-2018)

ちなみにこの国際大会での成績は、

28試合に出場し、打率.300 90打数(安打27 二塁打5 3塁打2 本塁打4)です。

4年時には日本代表のキャプテンも務めました。

辰己涼介の打撃や守備の特徴は?【動画】

辰己涼介くんの特徴を一言で表すと、

走攻守三拍子が揃った外野手です。

 

走力は50m5秒7で一塁到達4.0秒前後の俊足。セーフティバントでは一塁到達まで3.47秒をマークしました。

 

遠投は125mで、高校時代にはスピードガンで148㌔をマークしています。

動画でセンターからレーザービームを放つのが辰己くんです。

これを受け、プロのスカウト陣も「走力と肩はプロでもトップレベルの選手」として評価しています。

 

また、打撃は振り切るスイングでセンター方向へしっかり弾き返すのが上手い打者です。

ヘッドスピードは150㌔を超えで、反応が遅れても押し込んで上手く反対方向に運ぶこともできます。

 

また、細身ながらもしっかりパワーもあり、本塁打も狙っていけるのも彼の持ち味でしょう。

2年前のアメリカとの壮行試合では196cm右腕のタナー・ホウク(ミズーリ大/現レッドソックス)の151㌔の球をジャストミートさせ、122mのセンターフェンスを超える本塁打となりました。

そして、後のインタビューでは「ホームランしか狙っていなかった」とのこと。

まさに天才打者ですね!

イチロー選手もホームランは狙ったら打てるがあえて長打を狙っていたというのは有名な話ですが、まさに辰己くんもイチロー選手と同じなのでしょう。

 

実際に大学時代の通算長打率は.487ですし。笑(ハンパねぇ)

 

プロのスカウトも辰己くんの身体能力には目を光らせており、スター選手になる素質は十分にあるとのこと。

 

ちなみにプロ選手で例えるなら、

イチロー選手、秋山翔吾選手、糸井嘉男選手のようになりうる逸材です。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

辰己涼介選手は走攻守全てにおいて今季ドラフト候補のトップレベルで、目が離せない選手ですね!

プロになることは間違いないですが、一体どこの球団が獲得するのか楽しみです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です