片岡易之はいつから片岡治大に?本名や読み方、改名した理由はなぜ?

プロ野球西武ライオンズから巨人に移籍し、現在は巨人の二軍内野守備走塁コーチとして活躍されている片岡治大さん。

西武時代の片岡選手全盛期を知っている方はある違和感を覚える人もいるのではないでしょうか?

そう、それは名前が変わっているということです。

片岡選手といえば「片岡易之」という登録名のでしたよね!

恥ずかしながら僕はベッキーさんと結婚されたというニュースで初めて知りました。

「あれ?こんな字だっけ?」

一体いつから「片岡治大」になっていたのでしょうか?

 

ということで今回は片岡治大が改名した時期はいつからなのか?について調査していきたいと思います!

また、片岡さんはこれで改名が2度目ということなのですが、そもそも本名って何?
そしてなぜ「片岡治大」にしたのか理由についても見ていこうと思います!

スポンサードリンク

片岡易之はいつから片岡治大に?読み方は?

 

「片岡易之 」の画像検索結果

ではまず「片岡治大」の読み方はなんと読むのでしょうか?なんか難しいですよね。笑

 

実は「片岡治大」の読み方は以前の「片岡易之」と同じく「かたおか やすゆき」と読むらしいのです。

いや、当て字にも程がある!!笑』と言いたいところですが、読み方が変わってないのでなんか一安心。笑

いつから「片岡治大」に改名?

片岡易之さんが片岡治大に改名したのは実は西武時代からで2012年12月30日に登録名を変更したことが発表されました。

巨人移籍の一年前ですね。

そのころは片岡選手は全盛期とは違い、怪我による手術も受けていたのでほとんど1軍にはいなかったようです。

 

一方僕はそのころからあまりプロ野球を見ていなかったので、今の今まで気が付かなかったという。。。恥ずかしい。。。

スポンサードリンク

片岡治大が本名や改名した理由はなぜ?

「片岡治大」の画像検索結果

片岡さんは登録名を変更したのが実は2度目。

なので「片岡易之」という名前も本名じゃないんですよね。

 

本名は「片岡保幸」。読み方はおなじく「かたおか やすゆき」

東京ガスで社会人野球をしていた頃まではこの本名が使われていました。

そしてプロ入りと同時に「片岡易之」という登録名に変更されています。

 

ではなぜ登録名を変更したのか、理由について見ていきましょう。

片岡保幸から片岡易之へ

片岡さんが本名の「片岡保幸」からプロ入りと同時に「片岡易之」へ変更した理由は、

社会人時代怪我が多かったため、心機一転「易之」に変更したそうです。

 

なぜその漢字なのかは明かされていませんが、おそらく画数とかそういったものではないでしょうか?

占いで見てもらった可能性ありますね。

片岡易之から片岡治大へ

次に「易之」から現在の「治大」に変更した理由はというと、

これも同じく怪我が原因だそうです。

先程も少し触れたように、片岡選手は西武の選手だった最後の3年2010年~13年に3年連続で怪我をしてしています。

それが原因で思うようにプレーできなかったり手術をしたりで不調だったため運気が上がるように「治大」に2013年のシーズン終了後変更しました。

「治大」にした意味もわかりませんでしたが、

これは漢字を見ても分かる通り「怪我をしてきく活躍する」という意味が込められているのではないでしょうか?

残念ながら巨人時代も何度か怪我に悩まされていたみたいですが・・・

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

プロ野球選手が登録名を変更する理由は人それぞれ違ったりもするんですが、片岡選手の場合は怪我が理由だったみたいですね。決して改名をして上手くいったわけではなかったですが。。。

ですが今回ベッキーさんとの結婚をされたのなら、それこそ「幸せを保つ」という意味で本名の「保幸」に戻ったりしないかなぁ~なんて思ってしまいました。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!