チョコフレークの生産終了はなぜ?理由が衝撃的すぎる…販売はいつまでなのか。

大手菓子メーカー・森永製菓の人気商品「チョコフレーク」が生産を終了することが9月28日に公式サイトより発表されました。

個人的に小さい頃からお世話になったチョコフレークの生産終了は悲しいなぁと思いつつ、なぜチョコフレークが生産終了に追い込まれたのかについて、気になったので調べてみました。

ということで今回は、チョコフレークが生産終了になる理由についてピックアップしていきたいと思います。

また、生産終了と聞いて「買わないと!」と思った方も多いでしょう。

ですので、チョコフレークがいつまで売っているのかについても詳しく調べてみたいと思います!

スポンサードリンク

【悲報】チョコフレーク生産終了のお知らせ

大手菓子メーカーの森永製菓は28日、プレスリリースを公式サイトで発表。人気チョコレート菓子「チョコフレーク」の生産、販売を終了すると発表した。
(Yahooニュース)

子供の頃によく食べたお菓子で圧倒的においしかった「チョコフレーク」

本日28日に生産終了のお知らせが公式サイトより発表されました。

 

この一報を聞きつけたSNSユーザーたちも驚きを隠せません。

 

幅広い年齢層の方に親しまれた「チョコフレーク」

悲しみの声で溢れかえっています。

 

ではなぜ「チョコフレーク」は生産終了に至ったのでしょうか?

チョコフレークの生産終了はなぜ?理由が衝撃的すぎる…

チョコフレークが生産終了に至ったのには衝撃的な理由があったんです。

それは、今コレを読んでいるあなたにも関係していることでしょう。

 

チョコフレーク生産終了の理由とは、

「スマートフォン操作をしながら食べづらい」ということが原因だそうです。

 

「ふぁっ!?」ですよね。

 

森永製菓によると、

手がべとついてスマートフォンを操作しながら食べにくいため、人気が落ち込んでいた。この5年で売り上げが半減した。

とのことです。

 

まさかスマホが原因だとは。。。

今まさにこの記事を読んでいるあなたが「食べづらい」と思って買わずにいたということなんですよ!!!

そんな。。。

もっと買っておけばよかった。

チョコフレークくんを僕が見捨てたんだ。。

現実を受け止められない筆者は一度筆をおいてしまったのである。

チョコフレークの販売はいつまで?

チョコフレークの販売はいつまでなのかというと

2019年4月~6月ごろ までだそうです。

2019年12月に生産工場を閉鎖するとのことで、それまでの4月~6月を目安に販売を終了すると言われています。

期間としてはまだありますよね。

しかし最近「チョコフレーク自体売ってない、見かけない」との声も・・・

https://twitter.com/hurryx2ay/status/1045676603823407104

このような声が多数寄せられています。

確かに言われてみれば、ぼくもあんまり見かけないような・・・(ただお菓子売り場に行ってないだけ)

おそらく、生産量自体も減らしているので、売っている場所も限られてしまっているのだと思います。

 

期間はまだありますが、なかなか売ってない場合もあるので早めに見つけて買いだめしておくことをオススメします!

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

子供の頃お世話になったチョコフレークの生産終了には驚きましたが、理由にはもっと驚かされましたね。

今のうちに売っているお店を探して1年間は食べられるようにしておかないと!

それではチョコフレーク探しの旅に出ますので失礼します。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です