ジュリアナ東京は現在何になってる?大阪復活で名前は変わるの?【画像】

1990年代前半に一世を風靡したディスコ「ジュリアナ東京」を、大阪に出店させる計画が明らかになりました。

SNS上では当時を知る方は「懐かしい」、知らない世代は「なにそれ」と話題になっています。

そんな1991年5月に東京・芝浦に誕生し94年8月には閉店した「ジュリアナ東京」ですが、現在はどうなっているのでしょうか?

今回は「ジュリアナ東京」の跡地の現在は何になっているのか?について調べてみたいと思います!

また、「ジュリアナ東京が大阪で復活」と聞いて

「名前はどうなるの?」という声がたくさんあったので、「ジュリアナ東京」の名称が変わるのかどうかについても調べてみたいと思います!

スポンサードリンク

『ジュリアナ東京』が大阪で復活!

 1990年代前半に一世を風靡(ふうび)したディスコ「ジュリアナ東京」を、大阪市に出店させる計画が進んでいる。女性たちが踊った「お立ち台」もつくる。往時を知る40~60代が、安心して楽しめるディスコをめざしている。

 大阪府松原市の不動産会社が「JULIANA’S TOKYO」の商標権を持つ東京のレジャー会社とライセンス契約を結び、今月26日の開店をめざして大阪市北区の阪急東通商店街で準備を進めている。別のディスコ店が撤退したビルの1階から地下2階を改装し、お立ち台は2段(高さ約50センチと約1メートル)。床はシンボルカラーの紫にする。

残念ながら僕は当時のことを知らないので、熱く語ることはできませんがバブル絶頂期の今で言うクラブなのかな?(クラブ自体は昔からあるのか?笑)

僕と同じく知らないかたにとにかく簡単に言えば、

「EDMでゴリゴリに踊って騒ぎ倒すクラブ」

大阪で言えば、OWL OSAKA (アウル大阪)やBAMBI(バンビ)みたいなとこってことです。笑

 

『ジュリアナ東京』は現在どうなってる?【画像】

ジュリアナ東京が入っていた芝浦のビルはというと、、、

現在は、一番わかりやすく言うとボーリング場の『東京ポートボウル』が入っている9階建てのビルだそうです!

東京都港区芝浦1-13-10 の第三東運ビルですね!

ビルの中には他にもありますが、オフィスが並んでいます。

 

ちなみに、ジュリアナ東京があった1階フロアも2007年にはオフィスに改装され、『TBWA HAKUHODO』という会社が入っています

 

完全におしゃれなオフィスビルになっていたようです。

さすがいつの時代もおしゃれの最先端をいくビルですね~!

『ジュリアナ東京』大阪復活で名前(名称)はどうなるの?

『ジュリアナ東京』が大阪に出店ということで名称が「ジュリアナ大阪」になるのか?

それとも「ジュリアナ東京大阪」になるのか?などさまざまに言われています。

 

ではどうなるのかというと、名称は変わります!

 

とはいっても、ジュリアナ東京の正式名称は「JULIANA’S TOKYO BRITISH DISCOTHEQUE IN 芝浦というのですが、

大阪のお店では「JULIANA’S TOKYO BRITISH DISCOTHEQUE IN OSAKAと変えるとのことです。

なので、「ジュリアナ東京」という言葉自体は変わらないというのが正しいでしょう。

 

ジュリアナ東京のイメージを大切にするため、「東京」の文字は外さないといったオーナーの配慮が見られたのでした・・・

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

ジュリアナ東京が大阪に出店ということで、当時を知る方々は懐かしい気持ちでいっぱいでしょう!

当時行けなかった方も、今回を機に行ってみてはいかがでしょうか?

40~60代が過ごしやすい空間に鳴るらしいので楽しめると思いますよ!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です