多すぎる不適切動画はなんのためにやるの?その心理や目的・理由が明らかに!?

最近大手飲食チェーン店などで次々とアルバイトによる「不適切動画」なるものがSNS上で公開され、多くの企業が損害を被っています。(今月に入って何回「またかよ、多すぎ」と思ったことか。)

その他にも、犯罪となる行為を平気でアップしたりSNSの普及によって明るみに出てくる事件は多いようです。

正直、そんな動画を見ると不愉快にしかなりませんよね。

動画をアップした本人たちにとっても悪い影響しかないですし、それなのになんのためにこういった動画をアップするのでしょうか?気になって仕方ありません。

 

ということで今回は不適切動画などを撮影しUPする人の心理や目的、理由について調査していきたいと思います!

スポンサードリンク

多すぎる不適切動画

2月に入ってから多くの「不適切動画」が公にされていますが、これに関しては公にされた時期がこのタイミングなだけで、それぞれ撮られた時期は1年前のものであったり、最近のものであったり様々です。

まぁ言い方は悪いかもしれませんが、ある種「不適切動画」を公開処刑するトレンドがいま来ているといった感じでしょう。

・ビッグエコー

くら寿司

セブンイレブン

・バーミヤン

他にもまだまだ多くの不適切動画が公開されていますが、本当に見ていると「バカだなぁ」と思いますよね。。。

不適切動画はなんのためにやるの?その心理や目的・理由は?

ではこうした不適切動画はなんのためにやっているのでしょうか?

 

その理由や目的心理として一般的にメディアなどで言われているのは「承認欲求」を満たすというものです。

この他人に認められたいと思う「承認欲求」は誰しもが持ち合わせている心理かもしれません。

しかしSNSが広まったことによって、その承認欲求が簡単に満たせてしまうことが変な方向に行ってしまっているんですよね。

特にTwitterやInstagramなどは投稿したものに対して「いいね」と投稿者を肯定するシステムがあり、その数が増えれば増えるほど、「自分はこんなに認めてもらっているんだ」とある意味勘違いをしてしまっている部分があるのだと思います。

そしてその「いいね」欲しさに、ふざけた動画や犯罪スレスレの動画(ほぼ犯罪)を取ることによって承認欲求を満たしているというものですね。

 

また「自己顕示欲」を満たすというのもあると思います。個人的にはこっちのほうが強いんじゃないかなと。

承認欲求と自己顕示欲は似たようなものですが、

承認欲求は、

  • 共感されたい
  • 尊敬されたい
  • 良いと思われたい

など他者が自分を認めるといった他者本位(受け身)にたったもので

自己顕示欲は、

  • 自分の存在をアピールしたい

というあくまで自分主体で何か行動しているものです。表現とでもいうのでしょうか?

まぁ実際は承認欲求も少し含まれるんですが、最悪認められなくても注目さえ集めればその欲は満たされるんですね。

 

まさに「不適切動画」はそうだと思いませんか?

あんな動画を見て、「尊敬するよ!」「かっこいい!」「共感した!」なんて誰も思わないことなど小学生でもわかりますよね。

だとしたら、ただ注目を集めたいだけの「自己顕示欲」というほうが近いんじゃないかなと個人的には思います。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

不適切動画は何のためにやっているのか?については

・一般的には「承認欲求」を満たしたい。認められてるという勘違い。

 

・個人的には「自己顕示欲」を満たしたい。ただ存在をアピールしたいだけ。

ではないかと思います。

どちらにせよ見ていて呆れることしかできません。笑

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!