【2018】台風25号たまごは24号と同じ進路予想?関東関西へ影響は?

台風24号が沖縄県に差し掛かり、今後日本列島を縦断する予定で世間は大騒ぎをしているところなんですが、そんなときに台風25号が発生する可能性が出てきました。

24号もまだ直撃していないのに25号が発生するかもとの知らせに、SNS上では

「もうやめてくれ…」「台風多すぎ!」

との声も多数。

しかも台風25号も24号と同じ進路をたどる可能性が出始めています。

今回はそんな台風25号のたまごの進路予想について、関東や関西に影響はあるのかについても調べてみたいと思います!

九州・中国地方の方はこちらに情報を載せています↓
【2018】台風25号たまごは24号と同じ進路予想?九州中国へ影響は?

スポンサードリンク

【2018】台風25号のたまご発生!

台風24号が沖縄に近づく中、グアム島の近海で新たな熱帯低気圧が発生しました。
 気象庁は28日(金)15時の段階で熱帯低気圧と解析。24時間以内に台風まで発達するとしています。
(Yahooニュース)

台風24号が直撃目前と迫っている中、新たに台風25号のたまごとなる熱帯低気圧が発生しました。

気象庁によると24時間以内に発生するとのことで、9月29日中には発生が確認されるようです。

 

まだ来てない台風に次いでさらに台風の情報が来るとは…

それにしても今年は台風が多すぎて、本当に大丈夫なのかと心配になってきましたね。

【追記】台風25号発生

2018年9月30日10時30分発表 台風第25号は、30日9時現在、フィリピンの東にあって、西北西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/sです。この台風は、発達しながら4日9時には沖縄の南に達し、台風周辺海域および進路にあたる海域は、しけ~大しけとなるため厳重な警戒が必要です

 

【2018】台風25号は24号と同じ進路?最新進路予想!

台風25号の位置はこちら

(画像提供元:ウエザーニュース)

熱帯低気圧が台風24号と同じく沖縄方面へ向けて進んでいます。

気象庁の9月30日10時30分発表によると、29日21時頃にマリアナ諸島、中心気圧は980hPa、中心付近の最大風速は30m/s)で進んいるとのこと。

 

今後の進路予想としては、

各国の気象予測モデルのシミュレーションではこの温帯低気圧が台風となった後、「しばらくは24号と似たような進路を取る予想」となっています。

なのでまず沖縄をかすめる可能性はありそうですね。

【2018】台風25号の関東・関西へ影響は?

台風25号の関東・関西への影響はというと今のところわかりません。

しかし、各国のシミュレーターでは24号と似た進路を取るとのことなので、関西・関東にも影響が出てくる可能性は大いにあります

こちらについてはまた分かり次第更新していきたいと思います。

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

台風24号に引き続き25号の発生に「勘弁してくれ…」と思いますが、嘆いていても来るものは来ます。

今のうちに万全の準備をしておきましょう!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です