【映画プーさん実写】ロビンの吹き替え声優・堺雅人が下手でひどいと噂!

9月14日からディズニー映画「プーと大人になった僕」が全国公開予定ですね!

今回はプーさんの実写化ということで、ディズニー映画の中でもなかなか人気の高いものとなりそうな予感がします。

が!しかし!一つ問題になりそうなことが・・・

それは「プーと大人になった僕」の吹替版で、クリストファーロビンの声優を担当する
俳優の堺雅人さんの吹き替えが、映画公開前から「ひどい」「下手すぎ」と話題を呼んでいるのです。

今回はそんな堺雅人さんが声優として挑戦するクリストファー・ロビンが一体どんな声になっているのか?
また、それに対しての世間からの声を見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

【プーと大人になった僕】あらすじ

少年クリストファー・ロビンが、“100エーカーの森”に住む親友のくまのプーや仲間たちと別れてから長い年月が経った──
 大人になったクリストファー・ロビンは、妻のイヴリンと娘のマデリンと共にロンドンで暮らし、 仕事中心の忙しい毎日を送っていた。ある日クリスファー・ロビンは、家族と実家で過ごす予定にしていた週末に、仕事を任されてしまう。会社から託された難題と家族の問題に悩むクリストファー・ロビン。そんな折、彼の前にかつての親友プーが現れる。
 プーに「森の仲間たちが見つからない、一緒に探してほしいんだ」と頼まれたクリスファー・ロビンは、子供の頃プーたちと過ごした“100エーカーの森”へ。何一つ変わらないプーやピグレット、ティガー、イーヨー、カンガとルーの親子。仲間たちとの再会に喜びと懐かしい日々を感じながらも、仕事に戻らなければならないことを思い出す。「仕事って、ぼくの赤い風船より大事なの?」と、悲しむプーたち。急いでロンドンに戻ったクリストファー・ロビンは、森に会議の重要な書類を忘れてしまう……。
 一方、クリストファー・ロビンの忘れものに気づいたプーと仲間たちは、マデリンの助けを借り、親友のため、初めて“100エーカーの森”を飛び出し、ロンドンへと向かう。クリストファー・ロビンが忘れてしまった、本当に「大切なモノ」を届けるために──
(DisnyMovie 公式サイト)

今回実写化されるのは、アニメや絵本のプーさんの世界から何十年も経った世界のお話です。

クリストファーロビンが大人になり、仕事や家族をもった生活に明け暮れている中、
プーさんとの久々の再会。

現実的な生活を送るロビンが夢のような世界に。
そして夢のような世界の生活を送るプーさんとその仲間たちが現実の世界に。

今回はそんな、現実と夢とをかけ合わせた作品になっています!

今までのプーさんには見られなかった、現実との壁を見事に破っている作品なので、
僕も楽しみで仕方ありませんね!

【映画プーさん実写化】ロビンの吹き替え声優に堺雅人が挑戦!

さて、本題の映画「プーと大人になった僕」の吹き替えでクリストファー・ロビン役を演じる堺雅人さんの映像を実際に見ていきましょう!

現在公開されている、吹替版の予告動画です↓

いかがでしょうか?

プーさんの声優は亀田助清という声優さんで、アニメプーさんの吹き替えを今までやってきた方とは
違います。(ちなみにアニメ吹き替えは八代駿さんです)

同じ声優でやってほしかったという声もありましたが、結果的にこれはかなり似ていてよかったのではないでしょうか?

では本題のクリストファー・ロビンについてなんですが、、、、

一言だけ言えるのは、
正直、僕も驚きました。笑

実際に次で世間の声を見ていきましょう。

【映画プーさん実写化】ロビンの吹き替えが下手でひどいと噂!

先程の動画で見ていただいて、色んな意見があると思いますが
実際世間の皆さんはどんなことを思っているのでしょうか?

 

結構酷評も多いみたいですね・・・

もちろん堺雅人さんの声が好き!という方なども多数意見としてありますが、
すこしざわつかせる予感もしなくはない・・・

まぁボク個人としては、下手とかひどいというよりは
堺雅人感が強いなぁとは思います。

堺雅人さんは特徴的な高めの声なので、そのように感じる部分があるのかもしれませんが、
今回のクリストファー・ロビン役のユアン・マクレガーの顔や雰囲気からすると
もう少し低い声の方がされても良かったのかなぁとも。

しかしそんなことは今回だけに限らず、いろんな映画の吹き替えや、アニメにもよくあることなので
それはそれとして、こういう声なんだというスタンスで見るしかないですね!

もし声が気になって話が入ってこないと思うのであれば、字幕版もあるので、
そっちを見れば問題なしです!

 

まぁ僕は吹替版でしっかり見に行きますけどね!!

スポンサードリンク

最後に

いかがでしたか?

映画「プーと大人になった僕」の吹替版は堺雅人感が若干強めの作品になると思いますが、
数分もすればなれていくと思います。

それより僕は、どんな作品になってくのかが楽しみで仕方ありません!

公開したらすぐ見に行く予定なので、また感想なども書いていきたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です