注目キーワード
いつも閲覧ありがとうございます!SNSフォロー&シェアもよろしくお願いします。
阪神タイガース 2020年FAで必要なのは 大島?バレンティン?福田?

阪神タイガース2020年FAで必要なのは大島?バレンティン?福田?

阪神タイガース 2020年FAで必要なのは 大島?バレンティン?福田?

2019年シーズンを矢野新監督で迎えた阪神タイガース。セリーグ最下位すらありえる状況でしたが、奇跡の最終戦大逆転でリーグ3位でシーズンを終えました。

投手力は日本球界でもトップレベルですが、毎年毎年の阪神の課題は打撃力です。2019年もセリーグ最下位のチーム本塁打と、得点力に何年も苦しんでいます。

チームの顔であったメッセンジャー投手、鳥谷内野手がチームを退団することが決定しており、高年俸選手に支払う資金が2020年シーズンには潤沢に残ります。

オーナーの揚塩社長からも積極的な補強を示唆されており、まずは国内FA補強いついて本日はまとめてみました!


阪神タイガースの弱点は打者!内野外野の補強ポイントは!?

上述の通り、得点力がセリーグ最下位である阪神タイガース。投手は盤石なので単純に打力さえ上がれば、正直巨人にも負けないと筆者は考えています。

現状の補強ポイントを考察してみました。まずは2020年シーズンでレギュラーが確定している選手を固定します。

  • 捕手:梅野
  • 二塁:糸原
  • 遊撃:木浪or北條
  • 中堅:近本
  • 右翼:糸井

この5選手は当確と捉えて問題ないでしょう。現状の阪神タイガースは残り3ポジションを外人やFA選手で補強する必要があります。

  • 一塁
  • 三塁
  • 左翼

現状、一塁はマルテ選手、三塁:大山選手、左翼:福留選手となっていますがこれ以上の成績向上は期待出来ないと思うので、補強から競争して頂くのが得点力UPにつながると思います。

2020年FAの注目野手は大島、バレンティン、福田

2020年の注目野手は多数いますが、阪神タイガースとして獲得する現実的な選手は中日:大島、ヤクルト:バレンティン、ソフトバンク:福田を選出しました。

すべて外野手です。まずは43歳となる福留選手の補強が最優先事項です。また19年大活躍の近本選手が中堅にいますが、2年目のジンクスでもし不本意な結果に終わる事も考えセンターも補強ポイントとして考慮しました。

中日:大島選手は獲得しない理由はない、障壁は補償選手

俊足、好打の中日大島選手であれば、センター、レフトを任せられますし、一定の打率を残されるでしょうから、恐らく1番、2番として阪神の得点力UPに繋がります。

懸念点は年俸Aランクですので、プロテクト洩れの選手の流出です。有望投手が流出することは避けられないでしょう。

ヤクルト:バレンティン選手は長打力補強に大いに繋がる!懸念点は守備、年齢

https://twitter.com/YWu90/status/1186772823223631874

単純にレフトをバレンティン選手にすれば、4番がバレンティンが実現します。高齢になってきましたが、まだまだ活躍を期待出来ますので獲得は検討しているでしょう。

ただし広い甲子園のレフトを、守備が下手すぎるバレンティン選手が守るとなると投手陣には多大な負担になります。守備を取るか、打撃力を取るか?筆者はとっても問題ないと考えます。取れる選手は取ればいい。

ソフトバンク:福田選手は取らない理由はない!他球団との争奪戦必須

常々言われている、ソフトバンク福田は他球団なら不動のレギュラー説。実際に福田選手が阪神にくれば、センター、レフトを安心して任せられます。

年俸Cランクと、補償選手が不要となりますので、問題は他球団も本気で獲得に動くという部分だけでしょうか。

ただし、最終的にソフトバンクがとんでもない高額複数年契約を結んでFAしないという結果もありえそうですが笑 本人が試合に出場したいという意向がない限り移籍はないかもしれませんね。ただし、プロとして全試合出場したいという選手も多く、出場機会を求めた移籍はあるかもしれません。


2020年阪神タイガースFA選手獲得に対してのSNSの願望は?

まとめ

本日は2020年シーズンの阪神タイガースFA補強についてまとめてみました。本日はファースト、サードの補強については触れていません。ここは外人で補強することは決定的なので。

正直大島、バレンティン、福田が全部とれるのであれば全部欲しいです。そのための資金は来年の阪神タイガースにはあるので。

ぜひとも得点力不足を補う補強をしていただき、来年こそ阪神タイガースの優勝を見せてほしい!