注目キーワード
いつも閲覧ありがとうございます!SNSフォロー&シェアもよろしくお願いします。

ロシアジュニア界の神童:ダニール・サムソノフとは!?シニア転向はいつ?

フィギュアスケートファンはすでに注目していますが、現ロシアジュニアチャンピオンのダニール・サムソノフ選手について本日はご紹介します。

若干14歳にもかかわらず将来のシニアチャンピオンと噂されています。


ダニール・サムソノフ選手はまだ14歳!?詳細プロフィールは?

参照: https://www.instagram.com/daniksamson/

氏名ダニール・アレクサンドロヴィッチ・サムソノフ
愛称ダーニャ
年齢14歳
生年月日 2005/7/13
身長140cm(2019.09)
出身地モスクワ
所属サンボ70クリスタル

まだ14歳の選手ですが、フィギュアスケート界ではこの年齢ですでにTOPレベルに活躍する選手が少なくないです。

サムソノフ選手は3歳半のころからスケートを始めたとの事。

ダニール・サムソノフ選手の戦績が凄い!

サムソノフ選手の戦績は下記となります。

  • 18年3月:全露ノービス選手権(ノービス)優勝
  • 18年4月:ロシア年長選手権で優勝
  • 19年2月:ロシアジュニア選手権優勝

ノービスとは10~14歳までの区分、現状はジュニアの区分で活躍されておりサムソノフ選手はロシア内でジュニアチャンピオンの位置にいます。


14歳でもすでに4回転ジャンプは当たり前?

サムソノフ選手はすでに4回転ルッツ+3回転トウループ+3回転ループというコンビネーションまで披露しています。

若干14歳でこのポテンシャルは末恐ろしいです。

2019年JGPポーランド大会:サムソノフ選手がSP87.33でジュニア記録を更新!

2019年9月20日現在ですが、SNS上で「サムソノフ」がトレンドワードになっております!

なぜかというとJGPポーランド大会でサムソノフ選手がとんでもない記録を打ち立てました。

SP順位名前得点
1ダニール・サムスノフ87.33
2鍵山 優真84.72
3ダニエル・グラッスル81.01

SP:87.33という記録にSNSでは驚きの声が多数あがりトレンドが形成されています。

https://twitter.com/raracoron/status/1174731702633025536

宇野選手がジュニア時代に達成した記録も更新致しました。

https://twitter.com/keikitosk8/status/1174730884999598080

2019年JGPポーランド大会:サムソノフ選手のSP滑走動画!

2019年JGPポーランド大会:サムソノフ選手のSP滑走動画は下記よりご視聴ください。

滑走~結果まで5分ほどです。

世紀の記録が出たあとも表情を大きく崩さないサムソノフ選手は将来大物になるのが予見されますね。


神童:サムソノフ選手のまとめ

いかがだったでしょうか。フィギュアスケート界はジュニアにも神童と呼ばれる選手が複数人すでに誕生しています。

その中でもサムソノフ選手は別格になりつつあります。

まだ14歳という年齢のため身長や骨格に大きく変化が出てくるでしょう。実際に成長期に大きく成績を崩す選手も多く存在します。

サムソノフ選手がシニア世代でも活躍されることを望み、当ブログでは今後もサムソノフ選手の動向をリアルタイムで応援していきます!

本日もありがとうございます。